いよいよJGC旅修行がスタートしました!YouTubeも覗いてください。

【ロゴ打ち】アイアンのアルファベットを壁に打ち込もう!(取付編)ストローを使って立体的に!

TAMARIBA CAFE
スポンサーリンク
たつを
たつを

なんかロゴを取り付けただけで生まれ変わりました
なんでもって早くしなかったんだろうと後悔!
中崎町でカフェやってます、たつをです

カフェの黒壁にアイアンのアルファベットを打ち込みたい!

できるだけリーズナブルに!

そして、できるだけ雰囲気のいい感じに仕上げたい!

 

そんなことで、先日、準備編の記事を書きました。

【ロゴ打ち】アイアンのアルファベットを壁に打ち込もう!(準備編)金色文字を塗料で安く作る!
黒壁に金色のアルファベットを打ち込む!できるだけ素材は安く調達して、いい感じで仕上げるために、ターナー塗料さんのアイアンペイントを使って金色に仕上げる!2度塗りは必須!

読んでない人は、こちらからお願いします。

 

 

ターナー塗料さんのアイアン塗料を使って、、、

黒のアイアン素材を金色に、、、

 

 

塗り替えました。

これだけでかなり値段的には安くなったと思います。

取り付けていきます!

では実際に打ち込んでいきたいと思います。

最初に言いますが、誰か遠くから位置をみてくれる人がいた方が圧倒的に作業時間は早くなります。

僕は一人でやったので、それなりに時間がかかりました。

 

 

まずはこの黒壁、、、

上下のセンターになる部分と、、左右でセンターになる部分をメジャーで測りました。

そのど真ん中になる部分に、、、

 

 

まず【TAMARIBA CAFE】の真ん中になる文字、、、【B】を打ち込みました。

写真は【A】も打ち込んでしまったものですが、、幅はこれくらいかなぁ〜って確認するために撮った写真です、、あしからず。

 

大体、センターにきているので、まぁこれはこれで成功なのかなと。

 

この写真でお気付きの人はいると思いますが、、、アルファベットを実は立体的に取り付けています。

上からの光を受けて、影ができるようにしています。

実際、どうやって節約してやったかと言いますと、、、

 

 

ストローを使いました。

ストローを使って、嵩上げして固定したってことです。

 

 

ビスの長さもあったので、、、大体1.5cmくらいの長さでカットしていきます。

1つのアルファベットにつき、2本のビスで固定するので、12文字あるから、24個ですね。

カットしてつくりました。

 

 

こんな感じになります。

アルファベットから通したビスにこのストローを通して、、、

この状態で、、壁にねじ込んで、、、、

 

 

いくわけです!

もちろん、撃ち込み過ぎてしまうと、ストローなので、グシャっとなってしまいますが、、、

ほどよいところで止めるのがポイントです。

 

この写真はちょっとグシャっとなってしまってるかなぁ〜。

 

 

絶妙な感じで固定していってくださいね。

一回、グシャっとなると、僕的には、ストローを交換した方がいいと思います。

そのくらいデリケートに固定してあげてください。

 

ねっ、、ストロー使ってるけど、、、なんとなくそれっぽくなってきたでしょ?

 

 

あとは、ビスの頭が色違いになっているので、、、

仕上げの意味を込めて、再び、アイアンペイントで塗っていきます。

この時にも感じたことなんですが、、、トントンと塗るというより、塗料を乗せる感じでやると仕上がりが良くなります。

 

 

これ、、、正面から見比べた写真です。

左がトントンと塗り仕上げた感じ、、右がまだ塗ってない状態。

凸凹な感じ、、、なんていうかな、エンボス感が出て非常にいい仕上がりになります。

 

 

斜めから見るとわかりやすいかな?

なんか少しアンティークな金属のような雰囲気がでませんか?

(めちゃくちゃ安いアイアンアルファベットなんですが…)

 

あとは乾くのを待てば、、、完成です!!!

 

 

元々は何もなかった、ただの黒い壁だったんですが、、、

なんということでしょう!!!

 

 

それっぽくなりました♪

カフェのロゴを打ち込むだけで、それっぽくなるというか、、、

お店っぽくなるんですよね。

 

 

自分でやりながら、、なかなかの驚きでした。

ライトの調整はしないといけないとは思いますが、、いい具合に影が出てて、、

 

 

たった1cmくらい浮かせるだけで、雰囲気が良くなります。

自宅でもお店でも、もし、同じように立体的にロゴを取り付けたい!そんな気持ちがあったら、ぜひ同じようにやってみて欲しいです。

 

 

アイデア次第では、ただのストローですが、それなりに大活躍しますよ。

くれぐれもねじ込み過ぎには注意しないといけませんが、、。

まとめ

やってみて、ものすごく簡単でした。

部屋の壁でなくても看板とか作った時に同じように立体的にしてみるのもいいかな?

太陽の光で影になったり、ライトを取り付けて影を作ったり。

特に自然光の場合は時間によって、影の動きがでるので、いいんじゃないかな?

 

もちろん、お金をかければ、完成品が届いたり、、便利になったりしますが、、、

こうやってじっくり自分で作ると少し愛着が湧くというか、愛おしくなるもんです。

ぜひ、同じような場面に遭遇したらやってみてくださいね。

 

今日も最後まで、読んでくれてありがとうございました♪

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

TAMARIBA CAFE



たつをブログ