オリジナルシャンプーすでにたくさん申し込みありがとうございます。締め切り間近です♪

大阪本町に全国から木が好きな人が集まる、木の小物や家具を作り続けている、『うたたね』さん。

J:COM『LIVEニュース』
スポンサーリンク
たつを
たつを

柔らかさと暖かさがある作品
これって結局人柄なんだろうな。
こういうの好きだな、たつをです

 

テレビ番組のロケでお世話になったお店のご紹介なんですが、、、

素敵な作品の数々で、それが生まれる経緯なんかと聞いてると、その理由がわかります。

お時間があったら、ぜひ、訪れて欲しいなって思っています。

 

 

そのお店は、本町橋からすぐ近くにあります『うたたね』というお店です。

 

うたたね  |家具|オーダー|修理|メンテナンス|大阪
うたたねは自分たちでデザインした木のモノを作っている小さなブランドです。暮らしの中で長く使える木の道...

 

お店のコンセプトとして、サイトにはこう書かれていました。

「うたたね」は、うとうとと心地よく居眠りしてしまうような心からくつろげる安心感や、ゆったりと流れるスピード感、私たちのブランド名には、そんな意味が込められています。
1999年、大阪市内の古い建物に事務所と工房、小さなショールームを構えました。
「手を動かし 手で考える」をモットーに、スタッフ全員でデザインし、製作し、販売する毎日。
木を使って、自分たちが好きなものをつくり、良いと思うデザインを続けています。
うたたねの商品は、流行やトレンドを追いかけません。
人が本来持っている、バランス感覚や美しさを感じる力を引き出すことができるような造形にこだわったモノをデザインしています。
時には、思わず触れたくなる温もりのあるカタチを
時には、ピリッとスパイス効いたシャープなラインを一つ一つに思いを込めて作り出しています。

 

この時点でなんだか素敵ですよね。

 

 

お店に入った瞬間、いや、もう階段を上がった瞬間から、木の香りが心地いいです。

この時点で、「あっ、木ってこんなに心が落ち着くモノなんだ!」と気付かされます。

 

広くない店内なんですが、長居してしまうほどです。

 

 

僕は、なんかわかりませんが、木で作られた時計が目に飛び込んできました。

こんなにいろいろ作品があるのに、、、なぜか、時計でした。

 

なんかね、木の木目って木の年齢というか、時間経過じゃないですか?

そんな木が、また違う形で、時を刻んでいるっていうのが、直感的に感じたんでしょうね。

なんだか不思議な感覚でした。

 

 

店主にお話を聞くと、、、

元々は、家具屋さんで家具を作っていたみたいです。

なので、職人だったことですもんね。

 

 

そんな職人がどういう理由で独立したかってことですよね。

その当時は、忙しくて、季節に合わせて必要な家具を必死に作っていたみたいです。

季節に追われるように、家具を作ってたってことです。

それが、ものすごく辛かったみたいです。

 

 

そんな時に、自分で、のんびりと、季節を感じながら作りたかったんですって。

おそらく、モノづくりが好きだったんでしょうね。

本当に好きだったからこそ、作業のように作りたくなかったんでしょうね。

 

そこから自分のペースで、自分の作りたいものを作るようになったそうです。

 

そして、この場所に、工房を構えて、、、

自分達の温度感を大切に作り続けてきたみたいです。

 

 

この商品も、『TOBBY』という雑貨で、、、

今、スマホで会話することが増えたことが気になっていたみたいで、、、

雑貨に手紙を差し込めるようにした。

 

手書きのメモの温度感をちゃんと伝えたかったみたいです。

いいですよね、、やっぱり手紙って温度感ありますもんね。

 

 

こちらは、とある職人が、座る時間が長い仕事みたいで、、、

長時間座っていても疲れない椅子を作ってあげたいってことから完成した椅子みたいです。

 

僕も実際に座ってみましたけど、骨盤が固定されて、シャンとする感じになります。

中継では実際に作り始めた時の図面を見せてもらえたりしました。

 

 

そして、こちらは、ワークショップですね。

いろんな人に、木の良さを感じてもらいたいと、簡単に体験できるもの。

端材を使って、キーホルダーを作ろうってやつ。

 

 

実際に僕も作りましたが、超簡単でした。

そして、今も使っていますが、木の香りが残ってて、ほんとに素敵。

おまけに可愛い♪

 

 

キーチェーンも取り付けできるみたいでしたけど、、

なんとなく革紐にしました。

 

 

可愛いですよね。

日本の木で作ったのが、左側、、、

海外の木を使って作ったのが、右側です。

 

同じ色で挟むも良し、全て色を変えるのも良し、、、

あなたのセンスで作ってみて欲しいです。

 

 

ワークショップはいろんなところで開催していたり、、、

何かしらの集まりに来てもらうことも、条件が合えばできるみたい。

 

そのほか、店舗でも体験はできるみたい。

ただし、それに関しては、事前に連絡がいるみたいです。

おそらく材料的な問題でしょうね♪

 

 

そのほか、お話されていたのが、、、

家にある木製の家具があって、壊れてたり、使ってないのがあれば、、、

リメイクしてくれるみたいです。

値段や期間に関しては、応相談みたいですが、、、。

 

 

とにかく、職人として、木を大切に扱ってくれています。

そんなあたたかい雑貨や家具を探しているっていう人がいたら、ぜひ訪れてみてください。

何かピーンとくるモノに出会えるかもしれませんよね。

 

 

そう考えると、、、『うたたね』っていう店名、、いいですよね。

なんかゆっくりくつろいだ感じで。

 

実際、これくらい木に囲まれた生活環境作ってみたいもんですよね。

結局のところ、癒しだな♪

 

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31