【空き缶BBQ】空き缶を2つ使ってアルコールストーブを作ってみるが、、Part3

空き缶アルコールストーブ
スポンサーリンク

空き缶 アルコールストーブ

前々回の記事、、、

着火できず、失敗。。。

空き缶 アルコールストーブ

前回の記事、、、、

高さを変えて、空気孔を増やすものの、こちらも着火せず。。。

 

ということで、今回は、、、

 

8、空気孔を無理矢理大きくしてみる!

空き缶 アルコールストーブ

ハサミをぶち込んで、、、

切り目を入れる。

 

そのまま、ラジオペンチを差し込んで、持ち上げることで穴を大きくしてみた。

空き缶 アルコールストーブ

これで、空気の流れが変わる。

試験着火!!!

空き缶 アルコールストーブ

着いた!!!

しかし、、、おもてたのとちゃーう!!!

少し、このまま放置するも、、、燃え広がることはなく、このままそっと燃えてるだけでした。

 

手で少し燃え広がるようにやってみても、、、

息を吹きかけて、火が穴に移るようにやってみても、、、

このまんま(笑)

もうこうなったらとことんいきましょう!!!

 

9、穴を全体的に広げてみる

空き缶 アルコールストーブ

火が吹き出す部分にラジオペンチを突っ込んで、、、

ラジオペンチを閉じるように握れば、、、

空き缶 アルコールストーブ

無理矢理ではありますが、、、穴はちぎれるように大きくなります。

これを全体的にやっていくと、、、

空き缶 アルコールストーブ

こうなりました。。。

もう、もはや僕が望んでた状態ではありませんが、、、

ここまできたら、なにがなんでも、火をつけたい(笑)

そんな衝動に駆られてるわけです。

 

10、これが最後の着火!

空き缶 アルコールストーブ

またこれです(笑)

恒例のやつです。

見飽きました。

 

と、、、諦めかけた瞬間でした。

空き缶 アルコールストーブ

火が強くなった!

わっ!

わっ!

もしかして、、、

空き缶 アルコールストーブ

火が!!!!

火がぁ〜!!!!

見事に着火しました!

 

でもわかりますよね?

これ、、、僕的に、おもてたのと違うんです。

 

またリベンジしますので。。。

リベンジどころか、もっと確実に簡単に、作れる方法を模索します!

頑張ります。。。