香港に到着しました。まずはインターネット環境を整えよう!

2019年版
スポンサーリンク

まずはpeachで香港まで飛んできました。

ちょっと前に台風ができたと噂でしたが、ええ天気、、、

特に揺れたりすることもなく、快適の旅でした。

途中でマカオまで橋が繋がったという場所を空から眺める。

確かに、マカオに向かってまっすぐに橋がかかっていました。

今までフェリーだったのが、これからはバスの時代か。

飛行機で約3時間、、、

香港国際空港に到着しました。

ちなみに、時差は1時間マイナス!

綺麗です、、、

毎回、、、この通路は素敵で、綺麗です。

もう年末ってことで、、、

サンタさんが迎えてくれる感じになりました。

モノレールに乗って、入国ゲートのところまで移動して、、、

そこでまずは換金!

日本円を香港ドルへ!

以前、行った時の香港ドルがあったんですが、今回も最終日はマカオだし、カジノもするだろうから、どーんと換金。

ちなみに、あとのブログでいろいろ書きますが、、、、

香港から中国に行く予定にしている人は、ここで、中国元を換金しておきましょう。

金額でいうと、、、1000円だけとかでも構いません。

とにかく電車に乗る分だけは確保しておきましょう。

 

今回もpeachを使っての旅、、、

セールで買ったので、空港利用料金と空港税は少しかかりますが、それでもかなり安い!

ほんとにLCCって安いよなって感じさせられます。

 

そんな呑気なことを言うてられません、、、

まずはネット環境を整えないと話にもなりません。

ってことで、今回、使わせてもらうSIMは、、、こちら、、、

『DHA SIM』という中国と香港で使えるSIMです。

 

すでにご存知かと思いますが、中国国内はいろいろ制限がかかっておりまして、、、

Google関連、さらにはLINEなどのSNS関連も全て通信不可となります。

現地SIMをSIMフリー携帯に差し込んでしまうと、もちろん、それらにアクセスできなくなります。

 

ってことで、今回は、こちらのSIMを使うことにしました。

これまで買った経験上の話ですが、、、

SIMをAmazonなどで注文すると比較的、翌日届けてくれることが少ない。

数日かかったりします。

それで遅れるのは嫌ってことで、1週間前に注文したんですが、、、

これくらい警戒したときに限って、翌日届くんです。

まぁ早いに越したことないけども。

これが現物です。

 

ちゃんと書かれていますね、、、

中国と香港で使えると!

しかも、GoogleやSNSも使えるとのことで、非常に優秀なSIMであります。

ちなみにですが、有効期限はこのくらい。

まぁ余裕ですよ、、、余裕。

もう今日使うし、、。

SIMの形状は、3つのサイズでカットして使えます。

お手持ちのスマホもしくはルーターに合った大きさにカットして使ってください。

ちなみに、地味に親切だなぁ〜って思ったのは、、、SIMトレイを引き出すためのピンがついてたこと。

ちょっとしたことですが、これ忘れがちなんですよね。

だから非常に助かります。

 

お持ちのスマホがSIMフリーなら、そのままSIMを入れ替えると使えるんですが、、

APN設定というのをしなくてはいけません。

(SIMフリーかどうかわからないって場合はAppleStoreなどで確認してください)

ここに書いてあるように、APN設定のところに『3gnet』と入力して設定を保存!

格安SIMを使ってる人は、場合によってはプロファイルを削除する必要があります。

そんなのまた日本に帰ったらプロファイルをダウンロードするか手打ちすればいいだけ。

 

レビューとして、中国でやってみましたが、瞬殺でつながりました。

速度と安定感も悪くなく、さらにはGoogleやSNS関連もすべて問題なく使えます。

それでこの値段だったらかなり優秀だと思われます。

今回の構想的には、、、

まずは香港から新幹線で中国国内を目指します。

 

中国は言葉の壁がすごいので、AI翻訳機をオンラインで使うことにしました。

 

実際のところ、スマホからテザリングでもよかったんですが、時間が経てば途切れるし、充電が結構持っていかれる!

ってことで、今回は僕が海外でいつも使ってる恒例のSIMフリールーターを使うことにしました。

このWi-FiルーターからスマホとAI翻訳機を同時に接続するという方法です。

リアルに安定度抜群で爆速になります。

 

では、、、設定していこう!

SIMを一番小さい大きさにカットして、、、

それをスロット1に放り込みます。

この時、必ずスロット1の方にお願いします。

 

あっ、、そうそう、、、Atermのファームウェアは最新のものにしておいてください。

これ忘れるとネットに繋がらないという報告も届いているそうですので。

ってことで、僕は日本にいるときにファームウェアーをアップロードしておきました。

実際に、スマホに刺さってるSIMをAtermに入れ替えて、、、

システムの更新を実施、、

ダウンロードが完了し、そして、更新がはじまります。

比較的時間がかかるので、少しばかり待ちます。

更新が完了すると、勝手に電源が落ちて再起動がスタートします。

再起動が終われば、、、

ファームウェアは3.0.0(2019.11.17現在)に更新されました。

あとはAPN設定ですね、、、

手動で設定するので、こんな感じでやってみましょう。

参考にするのは、スマホで使う説明と同じなんですが、、、

ちょっとだけ作業が増えます。

まずはスロット1にSIMを、、、

入れます。

そして、、起動します。

設定のAPN設定の項目から、、、

SIM1を選択、、、

僕はもう入力してしまっていますが、、、

新規追加で、名前を『DHA』と入れて、、、

APNのところに『3gnet』と入力、、、

認証方式は、『PAP』にしました。

これで登録して、使用する際に、先ほど設定した『DHA』を選択!

 

これで繋がると思ったんですが、そう簡単にはいきません、、、

ここからもう少しだけ設定があります。

同じく設定の項目から、、、『国際ローミング』を選んで、、、

これを『ON』にします、、、

すると再起動すると、、、『キャリア選択』というのが出てきます。

これを選択すると、、、キャリアサーチが始まります。

要するに、海外でも使うよ、、、と設定すると、、、

どのキャリアを使うんだい?って聞いてきてるってことですね。

そこで、『UNICOM(LTE)』というのを設定してください。

すると、、、どうしたことでしょう?

爆速LTEに接続されます。

僕からしたら簡単ですが、やっぱりみなさん難しいですか?

このルーターほんまにスンバラシイと思ってるんですが、、、

これに接続すると、友達にもWi-Fiを共有できる、、、

さらには、ノートパソコンとかでもネット環境を整えられるってことです。

しかも、この値段で!

 

はいっ!

ということで、、これで簡単にネットが開通しました。

 

ちなみに、数年前にマカオに行った時に使ったのは、こちら。

マカオ・香港で現地SIMを使ってWi-Fi環境を!
香港・マカオでのネット環境も現地SIMがおすすめ!Amazonで買える格安SIMが素晴らしすぎる。日本で設定しておけば、空港に着いた瞬間ネット環境が整います。これはオススメです♪

古い記事なので、あてにならないかな、、、。

 

マカオや香港で使う場合は、先ほどの国際ローミング設定の項目のキャリア 選択から、、

『3G(LTE)』ってやつを選択すれば、これまた爆速Wi-Fiに繋がります。

 

あっ、、今回、旅の仲間がイモトのWi-Fiをレンタルしていました。

僕に言うてくれたら格安SIM紹介したのに、、、って思いながらも、、、

自分のスマホがSIMフリーじゃないらしい、、、まぁそれなら仕方がないか、、、。

そんな場合は、空港とかでレンタルできるイモトのWi-Fiがいいでしょうね。

もちろんこちらなら、設定不要で、Wi-Fi接続のパスワード入力ですぐ使えます。

上記のような煩わしいことをしなくてもいい!

そこはやはり優れてると思います。

 

こちらから申し込めば割引があります。

電波の安定感と値段が結構素晴らしいイモトのWi-Fiですが、、、

僕からすると、結構な金額になります。

 

特にこの香港・マカオ・中国の場合は3カ国周遊プランになります。

なので、1日の使用料金はグッと上がります。

1日500M上限で1480円(2019年11月現在)という値段。

 

現地SIMならこの金額払うと30G上限で5日間使えます。

あなたはどっちを選びますか?

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!