【J:COM park特別編】YouTubeで公開されました!ぜひ観てくださいね♪

電源タップは3〜5年で交換しないと火事の原因になりますよ!

TAMARIBA CAFE
スポンサーリンク
たつを
たつを

古い電源タップを使い回していました!
火事が怖いので買い替えたんです。
防災士たつをです

電源タップ、もう長いこと使い回しています。

そないに壊れることないですもんね!

だからこそ、ずっと使い続けていました。

 

先日、これが原因ではないとは思っていますが、、、

可能性的な話で、、、

挿しっぱなしだった、iPhoneのバッテリーが短期間で膨張してしまったんです。

iPhone7のバッテリー交換、自分でやってみた!かかった費用は?
バッテリーが膨張して、液晶画面が浮き始めました。自分でバッテリー交換したら半額くらいでできるので、今回も自分で交換しました。

この経験をして、火事になったらほんまに怖いなぁ〜と。

それで買い替える選択肢を取りました。

 

 

ちなみに、こんな感じで、配線していました。

あかんよね、、、

普通にこの感じ、、あかんよね。

 

確かに、見えない部分かもしれませんけども、、、

綺麗にしておきたいですよね。

 

ちなみに、電源タップの買い替えるタイミングですが、、、

 

 配線器具などを製造する企業が加盟する日本配線システム工業会は「長い間使っていると、コードなどが劣化し、そこから火花が出るなどして火事の原因となるおそれもある。
3~5年に1回は交換を」と勧める。また、電気用品安全法の安全基準を満たした製品の使用を呼びかけている。

 

3〜5年で買い替えないといけないんですって!

火事になったら嫌だから、、、素直に信じます。

 

 

ってことで、、

TESSANの電源タップを買いました。

コンセント AC口が8個、、

さらに3つのUSBポート、、、

結構、電源タップとしては多いでしょ?

 

 

同梱されているのは、、、

説明書と、壁に打ち込むためのビスなど。

 

 

あとは本体ですね。

大きさはそれなりに大きいですが、アダプターが大きかったとしても、挿すことができますね。

 

 

長い間、電源を使わないときは、、、このオンオフボタンで一括で切れる。

 

 

USBの3口は本体のサイドにあります。

 

 

裏側はこんな感じ。

ビスで固定する穴が開いています。

 

 

こんな紙もついていました。

これで、穴を開ける位置をミスらなくていいですよね。

 

 

ってことで、壁に設置することにしました。

 

まずは取り付けたい部分に、裏面の紙を押しピンで止めました。

 

 

そこに同梱されていた、ビスをインパクトで打ち込みました。

穴に入れて、横にスライドするので、それを予測して、ビスを打ち込んでください。

 

 

4ヶ所、打ち込んだら、、、

 

 

シートを剥がします!!

 

 

ビスだけ残ったところに、、、

 

 

TESSANの電源タップを固定する!

ぐちゃぐちゃやったテーブルの下がものすごくスッキリしました。

いい感じ。

 

今の時代って、ACの口はもちろんですが、USBの口があった方が絶対にいい!

ちょっと口数多いかなぁ〜って思ったけど、実際に使ってみたら、少ないくらい!

ほんまに買ってよかったです!

値段もこの口数で安い!

素晴らしい!

 

これじゃないとしても、電源タップの交換は、3年〜5年です!

覚えておいてくださいね。

 

では、、、

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

TAMARIBA CAFE



たつをブログ