チェンマイで美味しいカオソーイを『KHAO SOY FUENG FAH(カオソイ・フゥアングファー)』

チェンマイ
スポンサーリンク

チェンマイと言えば、名物料理は『カオソーイ』

これ知ってますか?

僕も教えてもらった人に聞いたら、、、「カオソーイだけは食べとき!絶対にハマるから!」と。

ほんまかいなぁ〜って思ってたけど、、、

このお店がカオソーイの初食べです。

イスラムエリアらしいんですが、、、この辺りのカオソーイは食べやすいと噂、、

その理由はそこまで辛くないそうです。

 

そして、パッと外観を見て決めたんですが、、、このお店にしました。

 

『KHAO SOY FUENG FAH(カオソイ・フゥアングファー)』というお店。

 

お店の中にいくつも席があって、、、

もちろんのことながら、自然光です!

お店の前にはちょっとしたお菓子とかが売っていました。

結構、帰りに買って行く人が多いみたいです。

厨房はこんな感じ。

客席のすぐ隣にあります。

ここで注文が入ったら、シャーーーっと作ってくれます。

結構、スピーディーです。

僕らはなんとなく、お店を突っ切った先にある外の席に座りました。

太陽が気持ちよかったので♪

 

すると出てきました。

これがカオソーイ!

なんだこれ?

僕もほんまに思いました。

説明とかを見ると、、、こんな感じに書かれているんですが、、。

タイ風のカオソーイは、ココナッツミルクを加えたカレースープに揚げた卵麺を入れ、ナムプリックパオ (น้ำพริกเผา) と呼ばれる唐辛子と干しエビなどのペーストと、酢漬けのキャベツ、エシャロット、ライム汁、肉がトッピングされる。

ココナッツミルクにカレーって。。。

あったかいんかな?って思ったけど、、、

あったかくもなく、冷たくもなく、、、普通なんです。

 

ただ、、、一口食べて、、、「これはうまいっ!」ってなりました。

確かに、ココナッツミルクが苦手って人はちょっと気になるかもしれませんが、カレーとまた合うんです。

そして、ここのカオソーイは辛くない!

これがほんまに美味しいんですよね。

ちょっとびっくりしました。

あと付け合わせのこれ、、、

辛いもの苦手な僕にとっては、死ぬほど辛かったです。

辛いもの好きな人は「美味しい!」って食べてました。

信じられない!

さっきはスープの話でしたが、、、

この上に乗ってる揚げた卵麺ですが、これがお菓子みたいな感じ。

パリパリでちょっと香ばしくて。

これがまたアクセントになるんですよね。

もちろん、下には柔らかい麺が入っています。

カレーラーメン?って言ってしまったらちょっと残念ですが、、、

こんなん絶対にみんな好きやと思う。

ほんまに美味しかったです。

 

これは僕も言われましたが、、もしチェンマイに行くことがあったら、、、

「カオソーイだけは食べとき!絶対にハマるから!」

地図載せておきますね。

タクシーで行く場合は、運転手さんにこれ見せてください。

ถนน เจริญประเทศ ตำบล ช้างม่อย อำเภอเมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50100

住所ですので。