2024年度のラテベースのまとめ買いスタートしました♪今年の特典はキャニスター☆

【アルバルク東京】とにかく1シーズンお疲れ様でした。昨年の借りは今年返すってところでしょうか?

アルバルク東京
スポンサーリンク
たつを
たつを

今シーズンのレギュラーシーズンが終了しました。
あとはCSで勝ち続けるだけです!
アルバルク東京サポートMCのたつをです

 

Bリーグ2022-23シーズンのレギュラーシーズンが終了しました。

アルバルク東京は東地区の2位で着地!

総合順位でいうと5位でした。

 

僕も今シーズンからアルバルク東京の一員にならせてもらって、、、

振り返れば、歴史的瞬間に何度も立ち合わせてもらいました。

 

 

まずは、観客動員数ですよね!

【アルバルク東京】2023年一発目のホームゲーム!リーグ最多入場者数を更新!激闘の川崎戦!マツケンサンバが圧巻!
アルバルク東京、2023年一発目の試合は中地区1位の川崎ブレイブサンダース!強敵を迎えてのWE RED DAY!真っ赤に染まった会場は圧巻でした。ゲストには松平健さんが訪れ『マツケンサンバⅡ』を披露してくれました。なんかとても縁起がいい!そんなスタートとなりました。

B.LEAGUEクラブ主管試合 最多入場者数を更新したんですよ。

 

 

そしてもう一つ、、、

【アルバルク東京】これがホームゲーム8割を超えるチーム力なのか…肌で感じたブースト力!
僕が大阪エヴェッサのMCをやっていた頃のアルバルク東京のイメージ、そして、移籍後に感じたイメージの変化。ホームで8割を超える勝率の理由を書いてみました。

B1ホームゲームの連勝記録を樹立したんです。

 

これってのは、ホームゲームのみなさんの応援、ブーストあってことですから!

みんなで掴み取った、圧倒的ホームですよね。

 

 

振り返れば、代々木第一体育館をメイン会場に、アリーナ立川立飛も含めて、、、

いろんな経験をさせてもらいました。

 

演出の部分でもチーム演出を勉強させてもらったり、、、

新B1に向けての心構えや取り組み、、、

まだ発表できませんが、シークレットな新サービスも含めて、、、

本当に書き出したらキリがないくらい、いろんな経験をさせてもらいました。

 

 

1シーズンを振り返れば、最初の3ヶ月くらいはほんまにしんどかったなぁ〜。

なかなかスタッフのみなさんが目指してるものというか、理想にしてるものが見えなくて、、

それを理解しようと必死に頑張って、空回りして、、、

試合終わって会場を出て、激しく悩む時間に襲われる連続でした。

 

 

それに気付いてくれて、ご飯に誘ってくれて、話を聞いてくれるプロデューサーだったり、、、

チアのディレクターのJUBIさんには、、

「たつをさん大丈夫ですよ!コツコツやってれば、必ず見てくれてる人はいてますよ!それからいろんな人といっぱい話してみてください。喧嘩するくらい本気で」

 

なんか初歩的なアドバイスのように聞こえたんですが、、

リーグNo,1のチアを目指す人の言葉だから、それ以上のメッセージがあると、その意味をめちゃくちゃ考えました。

 

この言葉をもらってから、今まで10年大阪でやってきたことを一旦忘れて、、、

もう一回、初心の気持ちでやってやろう?いや、、違うな、、、

自分を俯瞰で見てみようって本気で思ったかなぁ〜。

 

結果、自分のできることと、自分の武器をしっかりと見直すきっかけになったし、、

成長する時は、いろんなものを切り捨てる勇気がいるってことも教えてもらった。

 

はっきり言って、「10年のキャリアがあります」って、東京の人からしたら、知らんし。

そのキャリアで仕事されても、鬱陶しいだけやもんね。

あっ、、別にキャリアを振りかざしてたわけではないですよ♪

 

経験は時に足枷になる!

 

ここでもまたチーム演出の難しさに直面するわけですよ。

僕みたいなスタイルって、”個性で勝負” って感じで育ちましたからね。

 

実際、終わってからプロデューサーが反省会の時間を作ってくれましたけど、、

「たつをさんの良さ、探すのに必死でしたし、最初はお客さんにアレルギーが起こらないようにって考えてました。ただ、終わってみて今までにない雰囲気になったし、楽しい会場が作れたことに感謝しています」と。

 

ぐあぁっぁあぁぁ、、。

なんとか力になれたんだなと、、そう思えた瞬間でした。

 

 

スタッフのみなさんからも、「たつをさんの入り口が1番大切!」って、出入り口で言い続けてくれたのも嬉しかったですと言ってもらえたり、、、

 

僕、今まで誰にも言ったことなかったんですが、、、

お客さんの選手入場の花道は入場口だ!

そんな風に考えるようにしています。

だからね、みなさんとグータッチしたり、声掛けあったり、、、してるんです。

「やるぞっ!」みたいなね♪

 

 

それからアルバルク東京ファンの方々にも、たくさん支えてもらいまいした。

戦いの輪に入れてくれて、一緒に戦ってくれて、、ほんまに嬉しかった。

 

ただ、僕の立ち位置的には、目線は常に初めて会場に来た人に、、、

気持ちは、アルバルカーズに!って感じでしたが、、伝わってましたよね?

いろいろ、、ほんとにいろいろありがとうございました。

 

 

なんかシーズンが終わった感じを出していますが、、まだまだこれからが正念場!

ここからチャンピオンシップに突入します。

 

 

見ての通り、、、アルバルク東京のQUARTER FINALSは、、、

島根スサノオマジック!

 

今シーズンの直接対決で言えば、、島根に2連敗しています。

さらに、2021-22シーズンのCSでもアウェーで対戦していて、、、

そこも、1勝2敗で敗退しています。

なんとなく、、、イメージが良くないよね。

 

 

いーや、違う!!昨年の借りを返す時が来たってことですよ!!!

 

ちょっとアルバルクは怪我人が出てて、現在4連敗中。。。

しかも絶対的島根のホームってことで、、、アルバルク的にはアウェーだ。

上位チーム(島根は総合順位3位)と戦う状況としては良くないかもですが、、、

田中キャプテンの言葉にも力を感じたし、、なんだろうな、、やれる気がする!!

やはり彼は絶対的な支柱だよな!

 

前田慶次も言うてましたけど、「戦ってやつは 負け戦こそおもしろいのよ!!」って。(別に負け戦って言うてるわけちゃいますよ!詳しくは漫画『花の慶次』読んでみてね♪)

 

 

現地に応援に行くブースターのみなさま!

さらには、パブリックビューイングで共に応援するみなさま!

そして、自宅でバスケットライブを通して応援するみなさま!

離れているとは思いますが、心を1つに、WEの気持ちで声援(念)を送りましょう!

 

ほら、うまくいけば、セミファイナルはホーム開催っていうパターンもありえますので!

やっぱり勝率8割を誇るホーム開催したいですよね!

っていうか、みんなと一緒に応援したいわ!!(ワシもPVやりたい!)

 

僕だけのことを言えば、お客さんが入ってるCSは初めてです!

そして、セミファイナル、FINALの舞台なんて未踏の地ですから!!!

今になってちょっとドキドキしています。

 

 

ということで、とりあえず、1シーズンお疲れ様でした。

本当になにからなにまで、あれからこれまで、いろいろとありがとうございました♪

 

シーズン中でどのチームよりも最後まで、1番長くこのメンバーでバスケができますように!!

よぉーーーし、、みんなやるかっ!

 

選手に届け!!

Let’s go TOKYO!!!

 

チームに届け!!

ALVARK Weeeeee!!!

 

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31