7月5日と7日のバスケ日本代表=日韓戦!タコパしながら盛り上がりましょう!

【アルバルク東京】チャンスは必ずやってくるが、掴むのは自分だ!チームのためにできることそれが「Energy」だった。

アルバルク東京
スポンサーリンク
たつを
たつを

なんかこの日は感動した1日でしたね。
巡ってきたチャンスで結果を出した漢!
僕はずっと応援しています、たつをです

 

バスケファンの皆様、、、どうですか?

今年のオールスターものすごく楽しかったですよね?

なんていうかな、、選手みんなが楽しそうだったよなって。

画面を通して観ているこっちまで、、、あぁ〜バスケって楽しいんだなぁ〜って伝わってきていました。

それって本当に素敵なことだなって。

 

 

そんなオールスターの楽しさから一転して、、、

レギュラーシーズンは勝負ですからね!

気持ちを切り替えて、戦わないといけません!

 

そして、平日の夜というのに、、、お仕事終わりでたくさんの人が会場に集まってくれました。

本当にありがたいというか、心強い!

 

 

ただ、僕が基本的にマイクを持つ時間帯って、、、

平日のナイトゲームならなおさら、、、まだみなさんが会場に来られていない時間であることが多い。

とはいえ、、、昨年に比べたら、早くから会場に来てくれる人って増えましたよね?

それもまた、僕にとっては、ありがたい話です。

 

正直言って、、、自分がメインでマイクを持ってる時間は、できるだけたくさんの人がいてくれると嬉しいですもんね。

 

 

なかなか東京という環境は難しくて、お客さんにインタビューする場面でも、、、

基本、みなさん距離を取られます。

まぁ、、それが普通な環境ですけどね♪

 

それでも、そんな状況の中でも、、、

いろいろお話しを聞かせてくれたり、、一緒にWEしてくれたり、、、

少しずつ、、、本当に少しずつですけど、雰囲気が変わってきているなって。

 

 

この少しずつ、、、この少しずつが大切で、諦めずにコツコツやり続ける!

それが大切なんだって今日、改めて感じることができました。

試合会場に早く到着したって、、
試合までの時間退屈ですよ!

試合開始30分くらいに到着したらいいんじゃない?
ギリギリの時間で大丈夫大丈夫!

こうやって考えられてしまうことって、、当然だと思うんですよね。

だって、購入したのは、バスケの試合を観るためのチケットなんですからね。

なんにも不思議なことでも、間違ったことではありません。

 

 

だから、僕がやっている試合開始までの時間って、、、

特定のファン、、、言い換えれば、コアなファンの方へ向けてのエンターテイメントなのか?

とはいっても、そうやって早くから会場に来ている人って、、、

選手のアップを見たい!とか、少しでも長い時間選手を見たい!っていう人が多いと思う。

 

そう思うと、、、僕の存在意義ってなんだろうか、、、って思ってしまいます。

正直、思うことも多いんです。

 

 

そんなことを思いながら、、、12年が経ちました!

 

バスケのMCをやっていて思うことは、まず第一に距離感!

こんなに選手の近くに客席があるスポーツってまずないと思います。

しかも、いつ選手が飛び込んでくるか分からないような、危険な競技ってね。

だからこそ、その距離感に魅力があって、、、その距離感のMCが存在していると思っています。

 

ビジターゲームで応援に来てくれるファンの方々も実はたくさんいます。

面白いのは、このビジターの方々とお話をすると、その場所に行ってみたいなぁ〜って思うくらい、人情が溢れ出てきます。

 

そうなんですよ、、この距離感だからこそ、感じられる、、、人の持っている感情、、、

人情を感じることができるんですよね。

僕はそこに一つの魅力があると思っています。

 

だからこそ、できる限り、会場を歩き回っていろんな人に声をかけて、、、

短い時間かもしれませんが、コミュニケーションを取るようにしています。

 

仙台の方々も、本当に気の良い方が多くて、、、

僕、東日本大震災の時は、看護師として、被災地にお邪魔させてもらっていました。

その時、被災している人から、何度も何度も「わざわざ来てくれてありがとうございます」と言われたのがずっと心に残っています。

 

正直、相手チームのMCが「今日もよろしくお願いします!」って話しかけてきたら、、、

心の中で、”お前、上位チームだからって調子乗って話しかけてくんなよ!” って思う人も多いと思うんですよ。

そんな中、、、本当にみなさん笑顔で、対応してくれています。

中には、、、「あぁーーたつをさんにやっと会えました!ほんまにビジター席まで応援に来てくれるんですね」って歓迎してくれたり、、、

「なんでたつをさん、東京にいるんですか?」って話しかけてくれる人も!

 

 

僕は12年間、同じスタイルでずぅーーーっとやり続けています。

それがメインMCだろうが、サポートMCだろうが、関係ありません。

それが僕のスタイルで、僕はどれだけ会場が大きくなったとしても、、、

対みんな、、じゃなくて、対あなた、、で接していきたいと思っています。

 

まぁよく考えれば、、、よくそんなことをアルバルク東京のスタッフの方々含め、、、

チームの方々が許してくれているなぁ〜って、、、正直思っています。

日本の中心、標準語のど真ん中で、関西弁、、、とかもそうですよね。

 

どういっていいのかわかりませんが、感謝とは違って、、、

これだけのことを認めてくれてるんだったら、僕は僕の全てを使って、このチームにできることはどんなことでもやりたいなって覚悟を持ってやらせてもらっています。

 

このチームのためにできること、、、

 

それはさ、たぶん応援してくれているファンのみなさんも同じだし、、、

スタッフのみんなも同じ、、、

とにかくみんなで同じ方向を目指して、戦っているんだなって最近よく感じています。

 

 

『B-league 2023-24season アルバルク東京 vs 仙台89ERS

 

 

チームのためにできること!!

 

それは別にアルバルク東京だけのものじゃなくて、、、

どのチームも同じ気持ちを持って戦っています。

とはいえ、その想いがぶつかり合うからこそ、観戦していて一緒に喜んだり悲しんだりできるんですけどね。

 

その想いは、まさにスローガンにも表現されています。

2023-24シーズンも「Grind!」をスローガンとして掲げ、闘っていくことが決定いたしました。
「Grind」(グラインド)は、もともと(豆などを)挽くや、細かく砕くという意味ですが、転じて「コツコツ」や「骨を折って何かに打ち込む」「一生懸命に何かをする」という意味も持っています。
そして、どんな苦しい状況であろうとも、歩みを止めることなく、辛いことも、退屈なことも、苦しいことも、全て粘り強く泥臭く乗り越えてやってやろう!という想いが込められています。

 

本当にこのゲームの中でもそん想いを背負って戦っている姿が何度もありました。

そんなお話も少し交えて、後ほど、お話しできたらいいなって思っています。

 

 

会場は、代々木第二体育館!

さすがバスケの聖地というだけあって、体育館のサイズを超えたものを感じます。

 

そして、今回、斬新だったのは、、、

 

 

ルークが!

ルークがチームフラッグを振るという、、、フラッグルーク!

なかなか可愛くて、衝撃的だったので、一応、ご報告でした。

 

 

そして、この日は、#0 橋本竜馬選手はコンディション不良のため、本日の試合はチームに帯同しておりませんと情報がでる。

それすなわち、、#1 岡本飛竜選手がベンチに入ることになる。

 

この表情を見るだけでも、何か、決意のようなものを感じてしまう。

彼が努力家ということを知っている人は多いと思う。

ただ、彼は努力家以上に大切な感情をいつも持っているんですよね。

それが証明されるゲームになるのか?

非常に楽しみな、試合となりました。

 

 

さぁ、『WE RED DAY』の3日目!

会場を真っ赤に染めて、、、その燃えるような応援と共に、選手の背中を推していきましょう!

ぜひ、みなさま、応援よろしくお願いします!

 

 

直近でいうと、佐賀バルーナーズに2連敗をしているものの、、、

その前、、千葉ジェッツと琉球ゴールデンキングスと1勝1敗の互角!

 

試合開始時のスタートダッシュと、終盤の粘りがとにかく凄い!

1試合を通して、最後のブザーがなるまで一時も集中を切らしてしまうと危険なチーム!

どちらかというと、心折れるくらいまで攻守で圧倒しないと勝てないチーム!

 

 

アルバルク東京的には、やはりスタートですね。

1Qでしっかりと良さを出し切れること!

そして、ゲームの流れができた場面をしっかりと仕事ができること!

まぁこれが簡単じゃないんですけどね。

でも優勝するためには、それをやり続けないといけませんからね!

 

 

そして、いよいよTipOff!!

先ほど書いた理由から、まずはアルバルク東京がファストブレイクを取りたいところ!

がしかし、、、この写真のジャンプボールを担当した、#52 ゲルン選手がレイアップを沈める!

願っていた展開とは逆の展開!

 

 

しかしながら、すぐに#3 テーブスがミドルショットで取り返す!

正直、テーブスのこのミドル!

ゲームが進めば進むほど、重要になってくると思っていて、、、

PGがこのミドルをしっかりと沈めるってことがチームとしては、いかに大切なことか。

 

ドライブもできる!3Pも打てる!に加えて、、、

ミドルまで入る!っていうイメージを与えると、どこからでも点数が取れるに変わる!

 

 

だからこそ、テーブスへのマークは一気に近くなる!

ディフェンスをする仙台のPG陣は自分の体力を削りに削ったとしても、、、

できるだけ、テーブスにプレッシャーを与える、、、1歩近いディフェンスに変わる!

 

まぁ当然ですよね!

1歩下がれば撃たれる!

適正距離ならパスか?ミドルか?それともドライブか?になる。

それなら1歩前に寄って、パスとドライブは他の選手にフォローしてもらって、とにかく選択肢を削るしかない!

 

 

安定して、仙台は、ゲルン選手が得点を重ねる!

同じく、ビックマンの#45 ブース選手も得点を重ねてくる。

そのインサイドビックマンが外にひらけば、PG陣がインサイドに切り込んで、レイアップ!

 

東京的には、#11 サイズ選手がタフショットを決めきってくれたことで、、、

なんとかその勢いに抵抗している!

 

 

そして、ブースはオフェンスだけでなく、ディフェンスでもブロックショットを!!

しかも、うちのレオ様から!!!

くぅ、、、、。

 

 

そして、1Qも後半でコートインした、#15 渡辺選手がまた良い動きをするんですよ。

リングに向かって、果敢にダイブしてくるので、ディフェンスがかき混ぜられる。

 

 

東京も途中投入の#25 福澤選手!

もうね、この福ちゃんに関しては、もう福ちゃんって呼ぶね!

福ちゃんに関しては、誰よりも練習をして、SGというポジションなのに、東京では、PGとしても活躍し、、、

チーム全員から信頼を得て、コートに立っている男!

 

その決意はしっかりと結果につながっていて、、、

この日も、交代して、すぐ点数を取った。

それは迷いのない、綺麗なジャンプショットだった!

 

 

やはりバスケってスポーツは、タイムシェアが重要な競技!

だからこそ、控えの選手が、シックスマンとして、称えられるのも事実!

選手層の厚さというのは、勝利の鍵となる。

 

#9 安藤選手は、それはもう、これでもかってくらいマークをされていた。

もう気持ちよく撃たせてあげて!って思うほどに、スッポンディフェンスでした。

 

 

スクリーンやドライブでディフェンスを剥がすも、、、

なかなか気持ちよく撃たせてもらえない。

 

それすなわち、、、相手のディフェンスは相当、体力と精神力を奪われると思う。

このシュートの役割!

外からも内からも狙っているという彼がいるからこそ、相手のディフェンスの陣形が崩れる!

 

もちろん得点力は1番の武器だが、、、それ以外の部分でもチームへの貢献度は高い!

それが安藤周人というプレイヤー!

 

 

1Qが終わって、同点で折り返す。

仙台的には、良いスタートだったはず、、、

東京的には、正直、完璧!ってイメージではなかったはず!

詳しいところは、わかりませんが、僕にはそんな印象でした。

 

 

1Qと2Qのインターバルは、アルバルクチアリーダーが二人三脚で戦います。

仁義なき戦いと題した、ブースターさんとのガチンコ対決!

ここまでまだ負け知らずのアルバルクチアリーダー!

 

不敗神話をどこまで継続させられるか!

プライドと意地を賭けた戦い!

 

 

ここに挑むのは、今回、初観戦の男女ペア!

試合前に少しお話を聞いたところ、「よく分からないけど、参加してみます」くらいの意気込みだったんですが、、、

これがこれが、、、まさかの大健闘!

 

あのアスリート!アルバルクチアリーダーとほぼ互角、いや、少しリードして、2組目にバトンタッチ!

 

 

半分を折り返したところで、すでにブースターチームがリード!

遂に、、、遂に、、ブースターチームが勝つ、、、そんな日がやってくるのか?

そう思った瞬間、、、

折り返しの時に足が反対になって、もつれて、、、転倒!!

 

しかし、すぐに立ち上がり走り始めるブースターチーム!

 

 

正直、表情はプレッシャーに押しつぶされそうなチアの2人!

しかし、、転倒の間に一気に差を巻き返し、、そして、引き離し、、、

なんとか勝ちきった、アルバルクチアリーダー!

 

しかし、その大健闘にブースターチームに割れんばかりの拍手が送られた!

 

 

会場のお客さまからは、ブースターチームがゴールするまで、、、

いや、ゴールに近づけば近づくほど、拍手が大きくなって、、、

負けたものの、、、暖かい拍手に包まれた。

 

その後、『WEの部屋』で軽くインタビューをすると、、、

「勝ちたかったです!」とか「参加してみたらものすごく楽しかったです」と。

でもそういうことなんですよね。

 

実際に参加してみると楽しいもんなんです。

なので、アルバルクチアリーダーを倒せる!いや、挑戦してみたい!という人がいたら、、

ぜひ、参加してほしいです。

 

挑戦者求ム!

 

 

そして、2Qがスタート!

僕、この#13 阿部選手、、島根スサノオマジックに所属している時から、、、

敵という目線でみたら、本当に嫌な選手だったんですよ。

 

表現が安易で申し訳ないんですが、ウマイんです。

テクニックはもちろんなんですが、本当に視野が広くて、とにかくウマイんですよ!

これで伝わってくれたらいいんですけど、ウマイんです♪

 

2Qはこの阿部を起点に点を取られてしまう場面が何度もあった。

 

 

東京は、テーブスをコートに戻ったことにより、相手のディフェンスの強度を上げざるを得ない!

そのテーブスから連携される、ダブル司令塔の#22 ロシター選手が攻守で活躍する。

 

ロシターがハイポストで溜の役割も担い、そこでボールは止まるが選手たちは動く!

テーブスにボールが戻れば、ボールは動き、選手がトランジションする!

 

この人たちのIQってどうなってるんだろうって毎回、本気で頭抱えてしまう瞬間があるほどです。

 

 

とはいえ、テーブス選手のスタミナが削られるのは、当然!

そこで、遂にエナジーボーイの飛龍がコートに立った。

 

実際に、この時間帯からしっかりとプレータイムをもらったのは、久しぶりだと思う。

しかし、この日のために努力を欠かさなかった飛竜くん。

毎回、誰よりも早くコートに入り、、、そして、誰よりも遅くまで練習をしている。

なんとしても結果を残して欲しかった。

 

 

コートに入って、2分後、、、

ボールは0度でセットしている飛竜のところへ、、、

迷うことなく、練習の時と全く同じフォームで、放った3Pシュートの放物線!

 

 

値千金の3P成功!

ただの3点ではなく、同点となる3Pシュート!

ただの3点ではなく、間違いなく飛竜くんに自信を確信に変えたシュートだったと思う。

 

その勢いがチームに伝染しない訳が無い!

彼のエナジーは、その言葉の意味の通り、、、間違いなく、チームに活気を与えた!

 

 

その想いを、そのメッセージをチームメイトがキャッチしないわけがない!

ロシター・サイズ・グダイティス選手がしっかりと得点につなげる!

 

 

前半を終えて、しっかりとリードを取ったアルバルク東京!

きっとこのハーフタイムで、もう一度、ディフェンスを組み立てて来てくれると、信じていました。

 

 

そんなハーフタイムは、男子チアが登場!

こちらが、東京都立大学応援団男子チアリーディング部MAXONS!

東京都立大学男子チアリーディングチームMAXONSのブログ
MAXONS マクソンズ 東京都立大学 男子チアリーディング部さんのブログです。最近の記事は「9期引...

 

 

さらに、、、

明治大学男子チアリーディングチームANCHORS!

明治大学男子チアリーディングANCHORS
明治大学男子チアリーディングANCHORS公式ホームページ。

 

両チームのチアは本当に若さと可能性というエネルギーが溢れていて、、

観客のみなさんの心を鷲掴みにしたと思います。

 

そのくらい素敵な演目だったと思います。

僕も思わず立ち上がって拍手送りましたもんね!

 

 

後半になって、アルバルク東京のディフェンスが冴え渡る!

3Qに入って3分半くらいかな、、、相手に得点を与えない強固なディフェンス!

 

ゲルン選手にボールが集まってくる場面で、狙ったかのようにターンオーバー!

そのディフェンスから一気にトランジションで得点を重ねる東京!

 

実際、ブースとゲルンがどちらも30分以上の出場時間、、、

途中、よく膝に手を置く姿も多く見られたことも総じて、、、

体力的な限界を超えていたようにも感じました。

 

 

運動量という意味では、アルバルク東京には、#8 吉井選手!

そして、THE 超人の#77 小酒部選手がいますからね!

はやり後半になるにつれて、、タイムシェアはかなり重要になってきますよね。

 

 

おまけにこの日は、エナジーボーイの飛竜もいますから!!

正直、まだまだ動き足らないというような印象も受けました。

 

 

その後も、点差が開くと同時に、アルバルク東京のブースター、アルバルカーズの大応援!

これは仙台89ERSからすると心折れるはず!

 

いや、心折れてくれよ!って思ってたんですが、、、

 

 

終盤にかけて、心折れるどころか、、、闘志剥き出し状態でした。

でもこれが、『Grind!』の想いが詰まった仙台魂なんでしょうね。

 

最後の最後まで、走り続けた!

そして、そんな選手たちに誰一人下を見ることもなく、ブザーが鳴る瞬間までブーストを送り続けた、仙台ブースター!

本当に怖いチームとの戦いでした。

 

 

ヒーローでコールされたのは、間違いなく、あの勝負の分かれ目となったシュートを決めた、、、

飛竜だった!

嬉しさよりも少しホッとした表情で、インタビューゾーンまでハイタッチで向かった。

 

 

そして、一言目に「Energy!」と叫んだ!

その後、、、

「なかなか試合に絡むことができずタフな時間が続いていた。チームが今年何を成し遂げようとしているのか、それを常に一番に考えてこれからも貢献していきたい」

そう話した。

 

ちょっと気になったので、Energyの意味を調べてみたんですが、、、

「働き」という意味もあるみたいです。

僕はオフコートの彼の姿を結構みてるので、感じたんですが、誰よりも悔しい思いを抱いていると思います。

とはいえ、自分の役割をまっとうするのではなく、、自分が常にチームのためにできる働きかけは何かって誰よりも考えていると思う。

 

試合後、ロッカールーム前で、「まだ、たつをさん、まだまだなんです」とそれだけ語ってくれた。

こんなにチームのために、ベンチの外からずっと働きかけてくれていた仲間がいることが、、、

アルバルク東京の強さなんじゃないかなって今、思います。

彼が腐らずに、どんな時も、誰よりも、チームのために、士気を高いところで保ち続けてくれている。

 

この日、試合終わりに「まだまだなんです」という言葉に秘められた、想いを、、、

いつか、僕は直接、聞けたらいいなって思っています。

だからさ、飛竜のタオルみんな買ってほしい。

そして、会場でタオルを掲げてほしい。

 

飛竜、お疲れ様!

そして、いつもありがとう!!

 

 

そして、もう1人のMVPはサイズ選手!

前半のタフショットを決め切ってくれたこと、献身的にゴール下で活躍してくれたこと。

今日の試合を優位に傾けてくれたのは、彼の活躍のおかげ!

 

アリウープについての話の中でも、ロシターのアシストに感謝の言葉を伝えた。

 

 

なんかこの笑顔を見ている時に、良いチームだなぁ〜ってジーンとしていました。

「ありがとう」が言える仲間がいるって素敵ですやん?

「お疲れ様」を言い合える仲間よりも「ありがとう」を言い合える仲間は羨ましい。

 

本当にいい顔してるよねぇ〜♪

 

 

そして、もう一人はグダイティス選手でした。

まぁあれだけブロックショットで相手の攻撃の流れを切ってくれて、、、

そのディフェンスから誰よりも早くゴール下に走って、当たり負けせずにシュートを沈める。

かと思ったら、誰よりも走って、ゴール下の守護神となる。

 

グダに関しては、僕、もはやチーム愛すら感じていますからね。

結果や数字以上の愛情をプレーから感じています。

 

 

金メダルのお立ち台よりも高い、お立ち台だったんじゃないかな?

こういうのを見て、チーム状況いいんだろうなぁ〜って感じる。

きっと同じ目標に向かって戦えているんだろうなって。

 

まだまだ長いシーズンだし、これから各地区の上位チームともぶつかってくる。

インフルが流行ってたり、もちろん予想外の怪我もあるだろう。

そんな時も「あいつがいなくなったら…」じゃなくて「あいつがいるじゃないか!」ってくらいじゃないと優勝なんて夢のまた夢。

誰がコートに上がってもアルバルク東京のバスケが継続できるように!

 

そして、引き続き、みなさんの大応援で、選手の背中を推してほしい。

やっぱり今回も思いましたが、応援の力って凄いんですよね。

 

 

なにはともあれ、本日もたくさんの応援ありがとうございました♪

その前に、お仕事終わり?平日の夜にたくさん足を運んでくれて感謝です。

 

それからXにもインフルエンザになったので、欠席です!みたいなポストもありましたが、、

みなさま、くれぐれも体調には気をつけてくださいね。

橋本選手にも戻ってきたら「おかえり〜」って声かけてあげてください。

アルバルクチアリーダーのHARUHIもせっかく誕生日だったのに、、、コンディション不良。

戻ってきたら、少し遅れてるけど、「ハッピー」って言うてあげてくださいね♪

 

 

コートでのご挨拶が終わったら、出口へダッシュして、募金活動にご協力させてもらいました。

こちらもたくさんのご協力ありがとうございました。

僕たちができることをやっていきましょう!

 

 

今週末は、アウェーで信州戦。

そして、その翌週は、大阪エヴェッサ戦!

場所は代々木第二体育館となります。

1/27(土)-1/28(日)大阪エヴェッサ戦の試合情報 | アルバルク東京
【公式】Bリーグ所属アルバルク東京の2023-24シーズンの試合特設ページです。場所は代々木第二体育...

 

負けれねぇんだよな。

みなさま、お時間ありましたら、会場に足を運んで応援をよろしくお願いします!

 

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31